Home ポルシェ 自己紹介 4C日記 インプレ インフォメーション
    日 記

アルファロメオ初の量産ミッドシップスポーツとして誕生した4C

ポルシェやロータスとは違う世界を見たくてオーナーになってしまったが、その魅力を少しでも伝えられたらと思い、日記にすることにした!

    ナイトロン RACE R1 ベストセッティング

2020年11月5日

苦戦していたサスペンションのセッティングだが、何度も変更を繰り返した結果、かなり良い状態となったため、今回はそのセッティングの詳細とインプレッションである。

まずはフロント。

これまで左右の車高差は見た目を重視して、左スプリングシートを右より6mm下げてつじつまを合わせていたのだが、ハードフルブレーキング時にフロントが激しく振られるのは、どうやらこれも原因の一つになっていたみたいだ。

そこで左右スプリングシートを同じ位置にすることを重視して、左右の車高差ができるだけ大きくならない位置を探してみることにした。

これまでの車高では左右スプリングシートを同じに位置に合わせると、フェンダーアーチとタイヤとの間隔は右が10mmも広くなってしまっていたのだが、調整を繰り返すうちにこれまでより車高を低くすれば、左右の差が縮まることが分かったのである。

そのためスプリングシートを下げすぎないぎりぎりの位置で、左右の車高差が最も少なくなるところに調整することにした。

次にリア。

左はオリジナルの時と同じくキャンバーが最も寝る方向へ、右は左と同じ数値になるように調整し、車高はオリジナルから左右共に3mmダウンに合わせることにした。

またリアの安定性を出すために、ホイールスペーサーを5mmから15mmに変更し、トレッドを20mm広げてみることにした。

その結果だが、今まで感じていた厄介な動きはかなり改善され、スピードコントロールを大幅にミスしなければスピンモードに入ることは無くなったのである。

この程度の変更でここまで変わるとは思っていなかったので、4Cのシビアさにはびっくりである。

これだけ良くなると、次はダンパーの減衰調整でもう少し良くなるのではないかと欲が出てくる。

減衰力の基準値はフロント/リア共にいっぱいに締め込んだところから8クリック戻しであるが、それではフロント/リア共に若干のゴツゴツ感があり、リアはタイヤの滑り出しが少し唐突である。

そこでフロント/リア共にそこから3クリック戻して(11クリック戻し)テストしてみた。

フロント/リア共にはっきりと分かるくらいゴツゴツ感がなくなったが、腰砕けっぽさが出てしまうことがあるため、そこから1クリック締めて(10クリック戻し)みた。

するとゴツゴツ感やバタつき感はなくなり、腰砕けするような動きも緩和され、路面の大き目な凸凹でも気にせずアクセルが踏めるようになった。

またフルブレーキ時に起きていたフロントの激しい振られは感はマイルドになり、コーナリング中や立ち上がり時にあったリアの急激な挙動変化もコントロールできるレベルになった。

実はナイトロンに交換しても、はっきとした効果を得ることができず、少しがっかりしていたのだが、それは全て私のセッティングミスによるものだったことが分かり反省している。

今回ようやくオリジナルサスペンションよりもナイトロンの方が高性能だと確信することができた。

この先、シムやスペーサーを装着してもっとキャンバーを付けることができれば、より速く走れる車になることは間違いないのだが、そこまで行くとキリがなくなるのと、アルファロメオがOKを出した4C本来のハンドリングではなくなってしまうような気がするので、まずはこの辺りで一旦落ち着きたいと思う。

フロントの設定
車高(オリジナルから)  左 2mmダウン  右 8mmダウン
キャンバー  左− 0°54′′  右− 0°54′
トータルトー OUT 0°08′

リアの設定
車高(オリジナルから)  左 3mmダウン  右 3mmダウン
ホイールスペーサー 5mm → 15mmに変更
キャンバー  左− 1°54′  右− 1°54′
トータルトー  IN 0°30′

フロントとリアの車高バランスもなかなか良い感じに仕上がった。

戻る   メニュー
Copyright © 2005.Murakami All Rights Reserved.
Reference:netmania