Home ポルシェ 自己紹介 4C日記 インプレ インフォメーション
    日 記

アルファロメオ初の量産ミッドシップスポーツとして誕生した4C

ポルシェやロータスとは違う世界を見たくてオーナーになってしまったが、その魅力を少しでも伝えられたらと思い、日記にすることにした!

    車高/アライメント調整

2020年6月8日

今回、サスペンションをナイトロンに交換し、車高とアライメント調整を行ったのだが、それによって分かったことがある。

まずはフロント。

スプリングシートを左右で同じ位置に合わせてみると、オリジナルサスペンションの時と同じように、フェンダーアーチとタイヤとの間隔が左よりも右が10mm広くなる。

そこで左右の差がなくなるまで、右スプリングシートを下げてみたが、そうすると地面から右フロア下までの高さが、左よりも5mm低くなってしまった。

その原因は、左右フェンダーアーチの高さが異なるのか、左右アームのレバー比が異なるのか、それとも右アームになんらかのテンションがかかっているのか・・・?

また4Cの場合、左右フロントの軸重はほぼ同じであるため、重量による車高差とは考えにくい。

原因を追究するとキリがないため、左右を交互に調整していくことで、フェンダーアーチとタイヤとの間隔の差は3mm、地面からフロア下までの高さの差はなくなるまで積めることができた。

結果、スプリングプリロードの左右差は6mmとなってしまったが、走ってみて変化があれば、その都度調整していくことにする。

続いてリア。

マクファーソンストラット式のため、アッパーに偏芯ボルトを使用してキャンバー調整ができるようになっているのだが、オリジナルサスペンションの時には、左は寝かせる方向、右は起こす方向になっていた。

実際、その時に測定した時の数値は、左キャンバーの方が右より寝ている状態であった。

また右の車高が少しだけ高くなっていたのも、アッパーの偏芯ボルトの位置の問題だったと思われる。

とりあえずはアッパーの偏芯ボルトを左右とも中心位置で固定してみたところ、キャンバーも車高も左右でほぼ同じくらいになった。

アルファ乗りは細かいことをいちいち気にしない方が良いと言うが、それが頷ける結果である(笑)

しかしここまで変更すると、車の挙動が良い方へ変化すると思われるため、テスト走行が楽しみである!

フロントの設定
車高      左 0mm  右 7mmダウン
キャンバー  左− 1°00′  右− 0°42′
トータルトー OUT 0°10′

リアの設定
車高      左 0mm  右 3mmダウン
キャンバー  左− 1°42′  右− 1°42
トータルトー  IN 0°22′

上がオリジナルの車高、下がナイトロンを装着し調整を行った車高。
わずか数ミリの違いだが、この数ミリでハンドリングも変わるため、何度も上げ下げを繰り返しベストを見つけるしかない。

戻る   メニュー
Copyright © 2005.Murakami All Rights Reserved.
Reference:netmania